後見開始の申立に対する本人の同意の要否

更新日:

質問

親族に対して成年後見開始の申し立てを行いました。
かかりつけの医師に診断書を書いてもらったところ、後見総統とのことでした。

申立ての手続きの中で、本人への意見を照会する機会があると聞いたのですが、本人が拒否した場合はどうなりますか?
もし、鑑定で保佐程度という結果が出ると申立は取り下げになりますか?

回答

後見人選任の申し立てにおいては、対象者の意見を聴取する場合もありますが、聴取自体が不可能な場合もあります。ただ、いずれにしても、本人が拒否したら、後見人が選任されないといったことはありません。

裁判所の鑑定で、保佐相当の結果が出ても、申立が取り下げになったりはしませんし、原則として、取り下げることもできません。この点は、申立人が希望している人物が後見人に選任されなかったとしても、申立を取り下げることができないのと同じです。

裁判所は、申立自体は、単なるきっかけだと考えているのです。それゆえ、自治体の首長等、特段利害関係を持たない者にも、申立権が認められているのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました